漫画や雑誌の立ち読みは店主に認められています - 紙書籍にはない電子書籍のメリットの数々

漫画や雑誌の立ち読みは店主に認められています

subpage1

立ち読みはマナー違反だと考える方々が多いです。


確かに書店などで長時間、同じ本を読み続けているユーザーは、周囲の人々からそう思われやすいです。また立ち読みだけで済ませてしまい、品物の書籍を乱暴に扱うユーザーの方もいます。
人前で立ち読みをするのは恥ずかしい事、マナー違反の事だと、自分を厳しく律する方々もいらっしゃいますが、お店がいわゆる立ち読み出来る形で陳列している漫画本や雑誌については、基本に立ち読みOKです。実際に店頭で読む事で中身が分かります。

中身が分かる事で逆に買いたくなる漫画本や漫画雑誌も多々あるでしょう。

漫画の立ち読み情報をお伝えします。

そして何より書店の店主が、言わばマーケティングの一環として読める形で陳列しているわけです。
ユーザーが勝手にマナー違反だと自制するのは勿体無い事です。


あくまで丁寧に、そして常識的な時間、店頭で読むのはむしろお店にとって嬉しい事です。
実際に一人も漫画本を手に取って読んでいない書店程、遠くから見れば、他のユーザーが足を踏み入れにくいものです。本が読める状態で陳列されている事には、実はそういった隠れた宣伝効果が隠されています。



画集や専門書、洋書などは価格が非常に高いため、ビニールがかけられていますので、それは残念ながら読めません。しかし、一方で漫画や雑誌などは基本的にオープンになっている事が多く、その場合は堂々と中身をチェックしてOKです。



余程乱暴に書籍を扱ったり、文字通り1日中滞在する等、極端な事をしなければ、それこそ店主に注意される事は無いでしょう。